あかりで省エネ&エコ生活

HOME > 電材豆知識 > 照明豆知識 > あかりで省エネ&エコ生活

あかりで省エネ&エコ生活 | 照明器具豆知識

かしこく選べば「省エネ&電気代節約」

かしこく選べば「省エネ&電気代節約」

LED[発光ダイオード]

光源寿命は、約40,000時間。他の光源と比較しても圧倒的に長持ち。年間約2,000時間点灯した場合、約20年間も使用できます。しかも消費効率も高く、年間電気代は、約310円とランニングコストが抑えられます。

スパイラルパルック蛍光灯

蛍光灯寿命は業界No.1(※1)の約20,000時間。丸形蛍光灯より、長く・細い発光管を渦巻き状に加工することで実現しました。年間約2,000時間の点灯で、約10年間使用可能。ランプ交換の回数を減らします。

※1 2011年4月調べ
※左記写真は75形です。
パルックボールプレミア蛍光灯

電球サイズの蛍光灯「パルックボールプレミア」は、年間約2,000時間使っても約6.5年も長持ち。取り替えの手間も少なくなります。従来の電球形蛍光灯に比べ、点滅性能が高く、頻繁に点滅を行う玄関や廊下などにもお使いいただけます。

ツインパルックプレミア蛍光灯

「ツインパルックプレミア蛍光灯」を使用している「ツインPa」は、消費効率が以前の器具の約2倍。例えば、同じ明るさだとすると電気代が約1/2ということ。しかも年間約2,000時間の点灯で約8年間も長持ちします。

※CO2排出量および電気代算出のための試算条件
●LEDはLEDユニット1個・電球色(LGB72011 LE1)で算出。 ●白熱灯はミニクリプトン電球60形(110V)(LB74525)で算出。 ●スパイラルパルックは93形(明るさフリー)(HJA9001)で算出。 ●昔の蛍光灯(当社一般安定器タイプ)は直管20形4灯(HA8276GPL)×2台で算出。 ●パルックボールプレミアはD15形(HEA1830 E)で算出。※2 ●ツインPaは100形(明るさフリー10)(HFA8323)で算出。 ●年間約2,000時間点灯使用した場合を想定。 ●算出基準となるCO2排出係数は、0.43kg-CO2/kWh ●電力料金目安単価22円/kWh(税込)
※2 高気密SGT形φ125ダウンライトの消費電力を基準に算出。

美しい光と影の −ワンコア(ひと粒)タイプ−

使用しているLEDが「ひと粒」だから実現できた、ムラのないキレイな光。多重影が発生せず、美しい自然な影が浮かび上がります。
※ ワンコア(ひと粒)タイプ…集積型で粒々感のなさが特長のLEDです
-ワンコア(ひと粒)タイプ- の場合 従来LEDの場合
※ 陰影がくっきり浮かび上がる位置まで、器具を近づけております。
※CO2排出量および年間電気代算出のための試算条件
●LEDはLEDユニット1個・電球色(7.1W)、白熱灯はミニクリプトン電球60形(110V)(46W)で算出。
●高気密SGI形φ100ダウンライトの消費電力を基準に算出。 ●年間約2,000時間点灯使用した場合を想定。
●算出基準となるCO2排出係数は、0.43kg-CO2/kWh ●電力料金目安単価22円/kWh(税込)

蛍光灯のあかりも省エネです。

うずまき状の「スパイラルパルック蛍光灯」は、124.3lm/Wと消費効率が高く、しかも蛍光灯寿命は業界No.1※1の約20,000時間。電球形の「パルックボールプレミア蛍光灯」は、消費効率はもちろん、点滅性能も高く約40,000回※2。トイレや廊下など頻繁に点灯・消灯する場所にもおすすめ。

※1 2011年4月パナソニック調べ。93・75形・63形の場合。
※2 10・15形の場合。

■スパイラルパルック蛍光灯(93形)と昔の蛍光灯の比較
CO2排出量および電気代算出のための試算条件
●スパイラルパルックは93形(明るさフリー)(HJA9001)、昔の蛍光灯(当社一般安定器タイプ)は直管20形4灯(HA8276GPL)×2台で算出。 ●年間約2,000時間点灯使用した場合を想定。 ●算出基準となるCO2排出係数は0.43kg-CO2/kWh ●電力料金目安単価22円/kWh(税込)

あかりの電気代は、家庭の消費電力第3位。

家庭の消費電力の中で、照明が占める割合は約16%。これは、エアコン、冷蔵庫に次いで3番目の電力量と、おサイフに負担をかけています。
消費効率の良いあかりを選ぶと、電気代を見直すことができます。
パナソニックなら、高効率で省エネ、しかも長寿命なあかりが充実。
あかりで電気代を抑えて、快適に省エネ&エコ生活をはじめてみませんか?

ポイントは、「lm/W(ルーメンパーワット)」。効率のよいあかりを選びましょう。

車の燃費を「km/l」で表すのと同じように、照明器具の消費効率は「lm/W」で表します。この「lm/W」の数値が高いほど効率の良い器具、つまり車でいえば“燃費の良さ”というわけです。

※消費効率(lm/W(ルーメンパーワット))=1Wあたりの明るさは、器具に装着したランプから出る光の量(全光束・lm)を 消費電力(W)で割った値。